初心者必見!部屋を探すときにやるべきこと

どのエリアに住むかを決める

賃貸の部屋探しをするときに、まずやるべきことは、「どこに住むかを決める」ということです。理想としては、通学や通勤に便利な、学校や会社の近くがベストだと言えますが、そのエリアが街の中心部である場合は家賃が高くなってしまうという問題が出てきます。ですので、家賃のことを考えると街の中心部から離れたエリアの方がよいと言えますが、その際は、30分以内で中心部まで通えるような交通アクセスの良いエリアを選ぶとよいと言えるでしょう。

自分に合った家賃を決める

部屋探しで次にやるべきことは、「家賃を決める」ということです。学生であれば、親にいくらまで出してもらえるかによって決まりますが、社会人の場合は、月給の3割程度に抑えるというのが一つの目安になります。ただし、月給が少ない場合は、月給の3割という家賃では生活費等が賄えなかったり、貯金ができないという場合もあるため、生活費等の必要な費用を考慮した上で、いくらまでなら家賃として支払えるのかということを十分考える必要があるでしょう。

どんな部屋に住みたいかを決める

部屋探しでさらにやるべきことは、「どういう部屋に住みたいかを決める」ということです。賃貸の種類には、アパートとマンションがありますし、間取りや部屋の広さも物件によって違います。賃貸の種類については、アパートはマンションよりも家賃が安いというメリットがありますが、マンションは、見た目に高級感があり、防音性に優れているというメリットがあると言えるでしょう。間取りに関しては、シングルの場合だと1Rや1Kが向いており、ファミリーの場合だと3LDKなどが向いていると言えます。

苫小牧の賃貸は家賃が安い傾向にありますので、とても人気があります。家賃の予算が少ない方でも多くの物件を選べます。