任意売却をする場合に知っておきたいこととは何か

競売が始まる前に任意売却を行う

住宅ローンが払えずに自宅を売却しなければならないことがあります。住宅を購入した時は審査に通りローンの支払いが順調でも、少し無理がある住宅ローンの組み方をしてしまうと、後になって支払いができなくなる可能性があります。

もし完全に支払うことができなくなれば、最終的に自宅を売却してそのお金を債権者に返済する必要があるでしょう。通常は住宅が差し押さえられ競売が始まります。これにより、住宅を売却されますが、これにより債権者に対してお金を返済することができます。ただし競売の場合は、適正価格の5割程度の金額でしか落札されないため、十分なお金を債権者に返済することはできない可能性があります。自己破産をしておらず、債権者の返済が終わらなければ、残額を支払う必要が出てくるでしょう。この時に任意売却をすれば少なくとも競売よりも金銭的な面でメリットはあります。

高く売却することができる点がポイント

任意売却は、競売が開札される前に行うことで、競売を避けることができます。任意売却の場合は、通常の不動産会社で売却するため適正価格に近い金額で売ることも可能です。適正価格に近い金額で売却できれば、債権者に対して十分なお金を返済することが可能になるでしょう。うまくいけば、全額返済することができるかもしれません。住宅はなくなりますが、売却をした後借金生活をせずに済みます。

金銭的な負担が少なくなれば、精神的な負担も減少し、毎日ストレスをためずにすむでしょう。

ただ、任意売却をする場合は保証会社をつけなければいけませんので、その点をじっくり不動産会社と話しあうことが重要になります。

任意売却を使えば、家のローンが残っている人でも自宅を売却できます。競売にかけられる前に家を売ることで、より高く家の値段をつけることができるのです。