店舗デザインの難所?おしゃれさと機能性のバランスに要注意

自分勝手な店舗デザインはご法度

自分の店を持つとき、オーナーはついつい自分勝手な内装にしてしまいがちです。自分の理想とする店舗イメージをそのまま具現化させようと必死になるわけですね。その結果、ユーザーからしてみれば非常に使い勝手の悪いお店ができてしまうこともあります。飲食店なら、椅子やテーブルに凝りすぎるあまりに、居心地が悪くなってしまうことがあるのです。店舗デザインをするときには、自分の理想は置いておいて、まずは顧客に楽しんでもらえるお店になるよう気をつけましょう。

おしゃれさと機能性の両立は非常に難しい

おしゃれなものの多くは、機能性を犠牲にしている部分があります。逆に機能性の高いものは、少し見た目が凡庸になりがちです。この両者のバランスを取るのが非常に難しいです。飲食店の場合は、椅子やテーブルだけではなく食器類も揃えなければなりませんが、ここでも機能性とおしゃれさの両立は重要になります。数あるアイテムの中から、自分のお店のイメージに合いつつも、しかも使いやすいものを選択しなければなりません。その作業は地道なものになって、時間もかかります。できれば、オープンのずっと前から探し続けるのがいいでしょう。ベストなアイテムを見つけるまで、数年かかっても何もおかしくはありません。

長い時間をかけて理想へと近づけていく

内装は、常にずっと同じでなければならないものではありません。むしろ、できるだけ頻繁に変更をした方が、顧客に新鮮さを感じてもらいやすくなります。ですから、数年に一度は変更をしていきたいものですよね。その度に自分の理想に近づけていく努力をすれば大丈夫です。最初から理想を実現しようとしても無理なので、最初は妥協も必要になるかもしれませんね。

店舗の内装は業種の特性を演出出来るデザインにするのが集客効果を上げるための工夫です。また、明るい雰囲気と清潔感を持たせるのも重要なポイントになります。