集客を決める店舗デザインのやり方の紹介!

看板をより見やすくすることでアピール

看板は文字の見やすさや色合いの良さなどいろいろな要素があります。はっきりとみせるためには電子掲示板があります。LEDを採用することでより見やすく省エネで運用するメリットがあります。また、広告のような機能を持つものがあり定期的に内容を差し替える構造をしています。季節やイベントなどに応じて訴求内容を簡単に変えることができます。デザインは、プロの看板の店舗と協業することで効果的な訴求するデザインを提供してくれますので一人で悩まないことが重要になります。

クリーンリネスという考え方の活用

クリーンリネスという考え方があります。これは店舗を複雑にせずシンプルにコンセプトを伝えるテクニックです。たとえば、店内に掲示物をたくさん張るのではなく伝えたいことだけを厳選して関係のあるものでまとめます。また、商談席をたくさん密集するのではなく通路を確保したり、商品をゆったり見えるようにしたレイアウトが必要になります。清掃も定期的に行うようにスタッフを割り当てたり、あいさつやおもてなしをするように教育をすることで雰囲気を作ることも重要になります。

デザイナーとの協業で効果大

商品のコンセプトを訴求するデザインがその商品を必要とする顧客の心を引き留めます。そのためには、商品のコンセプトを理解して店舗デザインをすることが重要です。商品のデザイナーに経緯を聞きながら店舗のデザインに落とし込みます。具体的には商品の魅力を引き出すためのカラーや雰囲気を考えることが必要になります。店舗専門のデザイナーに委託したり商品のデザイナー担当者自身に依頼することで実現します。

店舗や事業所など、不特定多数の人が出入りする施設の内装デザインは長く見ても飽きないものにするのが集客数を上げる秘訣です。奇をてらわず、シンプルなデザインにすることで多くの人に好かれやすくなります。