後悔しないポイント!マンション購入のローンの組み方

マンション購入でのローンの基本

マンションを購入する場合、ほとんどの人は住宅ローンを組むことになります。住宅ローンとは、購入するマンション自体を担保としてお金を借りることです。そのために担保価値が高い新築は、頭金をほとんど入れずに借り入れができる場合もあります。さらに販売会社と提携する銀行などから借り入れをすることもできます。一方で中古のマンションを購入する場合には、ある程度の頭金が必要になります。また借入先は自分で探す必要があるので手間はかかります。

住宅ローンにも色んなものがあります

住宅ローンと一口に言っても色々とあります。まずローンには必ず金利が発生しますが、これは残債に対して年間何%の利率が加算されるかを意味します。当然ながら利率が高いほどに、返済総額は大きくなります。そして金利には変動型と固定型があります。融資を受ける際の金利がずっと適用されるのが固定金利で、経済の動向に応じて変わるのが変動金利です。変動金利は固定よりも低いので利用する人も多いのですが、完済するまで何十年もかかるとなればリスクも高まります。

無理のない返済計画を

マンションを購入する際には、住宅ローンの返済負担を極力減らすことが大切です。まず完済までの期間が長いので、その間にどんなリスクが潜んでいるのか分かりません。場合によっては職を失って返済ができなくなることも考えられます。あるいは生活スタイルの変化によって、家計におけるローン返済の負担が大きくなる場合もあります。またマンションは次第に老朽化し、そのメンテナンス費用も必要になります。そのような点も踏まえて、返済計画を立てることが大切です。

ローン返済のシミュレーションを行いながら物件を探すのが、福岡市の新築マンションを買う場合のポイントです。