店舗開業するなら必須!店舗デザインの方法とは

店舗デザインとはどのようなもの?

飲食店や美容室など、店舗をオープンさせるためには内装工事が必要になります。その前に必要となるのが店舗デザインです。これはお店のコンセプトに従って、集客できるようなお店にするための設計を行う作業です。専門の設計士がいる設計事務所に依頼することで、イメージ通りのお店にすることができます。

店舗デザインに必要なことは何?

店舗デザインは単にお店の内装と什器の選別を行うだけではありません。働くスタッフの動線を考えたり、お客さんが来店しやすい雰囲気にすることを目的にデザインします。さらに美容室のようにリラックスできるような雰囲気を生み出すようなインテリアも考える必要があります。そのために大抵の設計事務所は、それぞれ得意とする分野を持っているものです。飲食店や美容室、クリニックなどそれぞれを専門に行う設計事務所を選ぶことが必要になります。

売り上げを確保できる店舗デザインを作る方法とは

店舗デザインを作るためには、デザイナーと施主とが細かく打ち合わせをする必要があります。そこで施主として、どのような雰囲気のお店にしたいのかを的確に伝えることが大切です。それを元にデザイナーがパースを作り、それを見てさらに細かな調整をするといった作業が行われます。また設計事務所を選ぶ際には、デザインコンペを行なって複数の設計事務所にイメージの提案やアイデアを出してもらう方法もあります。その中から最もイメージに近いものを選ぶことで、理想のお店にすることができます。そして店舗デザインが完成すれば、あとは施工業者が実際に工事を行う流れとなります。

店舗デザインを考えるには、外装と内装に分けてデザインを考える事が重要です。また雰囲気や店の使い勝手も考える必要があります。デザイナーに任せっきりにせず、しっかりと話し合う事が大切です。