さあマイホームを建てよう! 注文住宅の設計について

家族構成から間取りを考える

注文住宅は、建売住宅とは異なり、ハウスメーカーと契約を結んでから住宅の設計と建築が始まります。そのため、注文主の好みに応じた間取りや設備を実現できます。世界にひとつだけの、自分たちのための家を建てられるのです。白紙の状態から設計を考えることもできますが、多くの場合はハウスメーカーが用意しているプランを部分的に変更する形になるようです。このとき、どのように間取りや設備を変更したらいいかわからないかもしれません。ヒントとなるのは、家族構成です。何人で住む予定なのか、完成時点で高齢者はいるのか、こうしたことを考えると変更すべき点が見えてきます。家族の年齢や状況は変化するので、将来のリフォーム計画も想定できたら最高です。メーカーの担当者がよい相談役になるので、注文主がひとりで悩む必要はありません。

予算の把握が一番大切です

自分たちの好みに応じた家を建てられるのが注文住宅の大きなメリットです。しかし、間取りを大きく変更したり上質な設備を導入しようとすると、それだけ予算がかかります。設計に入る前に、予算をきちんと把握することが大切です。ローンの金額を無理に増やすのはおすすめしません。大前提として、土地を入手しないと設計に入れませんので、土地代をふくめた予算を考えましょう。また、土地の広さや場所によって実現できるプランが決まってくるので、土地探しの時点で家の設計が始まっていると考えてもよいでしょう。ハウスメーカーによっては、土地探しもサポートしてくれる場合があります。

足立区の注文住宅では、デザインや素材、構造など、あらゆる面に多くのこだわりを採用できるため、納得のいく家づくりが可能です。