マンション経営にはどんなメリットがある?経営方法は?

安定した収入が期待できるマンション経営

マンション経営の一番のメリットは、安定した収入が期待できるところです。マンションを経営していると、入居者さえいれば何もしなくても毎月家賃が入ってきます。また、キャピタルゲインを狙う投資法ではないので、短期間ではなく長期間にわたって収益が期待できます。くわえて、経済の変動に強い側面を持つのもマンション経営です。インフレになると貨幣の価値は下がりますが、現物資産のマンションは物価の変動に合わせて上昇します。

マンションはどうやって経営していく?

マンションの経営には家賃の回収やクレームへの対応などの入居者管理と、清掃や保守・点検などの建物に関する管理があります。すべてを自分ですることもできますが、一般的にマンションの管理は管理会社に委託する方が多いです。また、マンションを一括で不動産会社に貸し出して、マンションの運営はすべて不動産会社するサブリース契約もあります。

節税もできるマンション経営

マンション経営は、節税の対策にもなります。マンション投資は初めに土地と建物を購入し、設備投資や広告費、管理費などが必要です。このためマンション経営を始めた出だしは、収益は赤字になりがちです。給与所得者の場合は、不動産所得と併せて確定申告をしなくてはいけません。年度内に不動産所得が赤字であれば、その赤字分は給与所得と相殺ができます。このため課税額を減らせ節税ができるというわけです。くわえて、減価償却費は経費として計上できるため、この金額分課税額を減らせます。マンションの価値は時間の経過とともに毀損していくものなので、減価償却費を毎年計上していきます。

株式会社トラストインベストメントは東京都渋谷区に本籍を置く不動産に関わる全ての業務をワンストップで提供する総合株式会社です。